Pocket


 

経営者にとって一番恐れていることは、資金不足による経営悪化です。

そんな最悪な事態にならないよう、経営の安定という

大きなアドバンテージを得るために資金繰り表を活用しましょう!

 

資金繰り表は経営の羅針盤

 

資金繰り表とは、会社の経営において、

入ってくるお金と出て行くお金の管理をリアルタイムに把握し、

資金の流れを分析・活用するために作成する経営の羅針盤のような資料です。

 

ここでいう資金とは、現金や預金、有価証券など、

すぐに支払いにつかえるものをいいます。

(同じ預金でも、すぐに解約できない定期預金や

現金化に時間のかかる不動産は含まれません。)

 

これで入金と出金の予定が一目でわかるようになり、

実績も一緒に記録していくことで、予測と実際の誤差を

すり合わせて経営改善につなげることもできます。

 

この資金繰りが悪化すると、

損益計算書では利益が出ているにもかかわらず、資金繰りに

行き詰まり黒字倒産(※)、という事態にもなりかねません。

 

※黒字倒産とは、帳簿上の利益が出ていても、

現金が不足するために倒産することを指します。

 

資金繰り表を作成するメリット

 

メリット1.資金不足の予測をかなり早いタイミングで察知できる

 

近い将来の資金が回るかどうかを確認できるようになるので、

資金ショートという最悪の事態を未然に防ぐことができます。

 

メリット2.銀行の融資が受けやすくなる

 

資金繰り表は、銀行が企業への融資を検討する際に「銀行が最も知りたい情報」が網羅されています。

 

  • なぜ今お金が必要なのか(借入金をどのうようにつかうのか)
  • なぜその金額が必要なのか(借入額が妥当か)
  • 貸したお金がきちんと返せるのか(返済能力があるかどうか)

 

銀行の担当者は、これらを調査して作成する手間が省けますので、

資金繰り表を提出すると銀行から感謝され、融資が受けやすくなるのです。

 

資金繰り表の書式について

 

月単位で作成し、縦に入出金の項目、横に月次で数ヶ月分の推移

(予測と過去の実績)という書式が一般的です。

(例:下表)

~作業の手順~

  1. 前月繰越高を確定させる
  2. 当月実績を入力
  3. 収入を入力(未来の予測)
  4. 支出を入力(未来の予測)
  5. 借入金返済額を入力(未来の予測)
  6. 確認、検証

 

ポイントとしては、未来の予測数値を入力する際、

『収入を控えめに、支出は余裕をもたせて』

慎重な予測数値をすることです。

甘い憶測で資金予測をしていて、その予定と

ずれてしまった時に焦ってしまいますからね。

 

未来の予測は、最も苦しい状況を想定して、慎重に立てておきましょう。

 

資金繰り表の選び方

特に決まった書式というのはありませんが、Excel表で作成するのが一般的です。

取引先の銀行で用意しているExcelフォーマットを提供してもらって

自社用にカスタマイズされても良いと思います。

 

しかし、Excel管理は毎回の手入力が面倒で長続きしないという

デメリットもあります。

 

最近は、資金繰り専用のクラウドシステムや、

クラウド会計システムで資金繰り管理の提供を

しているものも増えてきていますから、

会社の規模や運用等を考慮して一番適しているものを

選びましょう。

 

どうしても、資金繰り表にコストをかけたくないという場合は、

簡単に無料のExcelフォーマットを検索してダウンロードできますので

活用してみてください。

 

ほとんどの中小企業は資金繰り表を作成していません

 

この資金繰り表、ほとんどの中小企業の経営者さんは作成していません。

 

資金繰り表はとても単純な構造で、決して難しいものではありませんが、

最初の作成にとても手間がかかるため、忙しい経営者さんにとっては

後回しになることもひとつの理由ではないでしょうか。

 

資金繰り表の作成が出来なくて一番困るのは、経営者さんです。

 

融資が受けられなくなる可能性が出てきますし、

資金繰り表が作成できないということは事業継続を放棄していると

見られてしまい、銀行からの信用も低くなります。

 

資金繰り表を使って安定した経営をしよう!のまとめ

 

経営者にとって、資金繰り表が重要なツールであることを

少しご理解いただけましたでしょうか?

 

経営者さん自身が資金繰りを理解できるようになると、

資金繰り支援や銀行融資に強くなり、

それだけで差別化が図れる武器にもなるのです。

 

「売上も良くて、利益も出ている、なのに会社の貯蓄が増えない」

 

このようなお悩みがある経営者さん、

この資金繰り表を作成して

ストレスのない安定した会社経営をしませんか?

 

資金繰りについて、もっと知りたい!という方は…

「会社の資金繰り 絶対!やるべきこと知っておくべきこと」をAmazonからお買い求め頂けます。

Pocket